宮城道雄先生のご法要がありました

宮城道雄先生の64回忌のご法要がありました。
今年も梅雨の晴れ間。たくさんの方がいらっしゃいました。
ご法要のあとの会食では、宮城先生の映っているビデオも見られました。
会長のご挨拶には、宮城先生は特に宗教をお持ちのようでは無かったというような内容があり、音楽が宗教だったのではないか・・とのことを仰っていました。私もそう思います。

最後の関東支部支部長のご挨拶には、宮城先生は随筆に「日本音楽の発展が遅くなったのには、歌が主で発展した音楽だったからではないか」ということを書いておられるとの内容がありました。

毎年このご法要では、新たなる宮城道雄先生のお話を伺って帰ります。
直接にはお会いできなかった私たちにとっては、貴重なお話です。



Leave a Reply