物には、魂が宿るらしいです

我が家の車。17年お世話になり、昨年新車に乗り換えました。
このことは、先日もこのブログに書きました。
実は不思議だったのは、新車の納車があと1週間という時期に、ウンともスンともエンジンがかからなくなりました。
新車納車当日は、長らくお世話になった車はレッカー車に牽引されて代理店に持ち込みました。

この話をしたある人から、「実はうちのレジも、長らく使って、そろそろ新しいのに切り替えだねと言っていたら壊れたんです」とのお話も聞きました。

そろそろお別れが近いとわかると、その直前に物は壊れるのでしょうか?
何とも、不思議なことが有るものだと思いました。

楽器も、多かれ少なかれそのように思います。
私は、箏も三味線も胡弓も弾きます。勿論平等に練習して、本番を迎えている気がしているのですが、三味線は、しばらく本番用の楽器を使わないでいると、皮が破けている気がしています。
普段は練習用を主に使いますが、練習の際に、本番用も同じように使っていないと、拗ねられているように思います。

あ、これは人でも同じでしょうか?

万物には、魂が宿るのかもしれません。

#箏 #琴 #胡弓 #三味線 #練習


Leave a Reply